シネマチェックトップページ50音別indexカ行index 


ゴーン・ガール      


2014年 アメリカ (GONE GIRL)
ミステリー・スリラー   

<監督>デヴィッド・フィンチャー
<キャスト>ベン・アフレック , ロザムンド・パイク , パトリック・フュジット , セーラ・ウォード

<ストーリー>
5年目の結婚記念の日、ニック(ベン・アフレック)の妻エイミー(ロザムンド・パイク)は、突然姿を消す。家には、争った後や血痕が残され、事件の可能性が高い。そして、次第に、ニックに疑惑の目が向けられ始める・・・。

<感想>
面白かったぁ〜〜!
予告編も面白そうだったし、アメリカでの評判も上々で、私自身の期待も相当上昇してましたが、なるほど、面白くて、スクリーンに釘付けでした。
これは、予告編以外の情報を入れずに見に行った方が、絶対に面白いはず!
その点、大正解でした(^_^)。

ある日突然妻が失踪。当初は、被害者とみられていた夫だったが、徐々に、疑惑の目が向けられてゆく・・・。

被害者の家族だった夫が、だんだんと、犯人ではないかと疑われてゆく過程が怖いです。
心配顔で近づいてくる女性と無理矢理2ショット写真を取られたら、要注意ですね。
それから、こんな時は、終始暗くて、心配げな顔でいなければいけない。笑顔で写真なんて、絶対ダメ。
このあたりが、ベン・アフレック、うまいです。
ちょっとした笑い顔が、変にニヤけていて、人間として、どこか怪しい感じを受けてしまいます。
でも、どんな状況でも、人間、たまには、ホッとした顔とか、してしまいますよねーーー(^_^;。

妻役のロザムンド・パイクは、あまり馴染みがない女優さんでしたが、一気に名前と顔が頭にインプットされました。それも強烈に。

彼女の頭を撫でながら、「この中で何を考えているのか知りたい」みたいなナレーションがあるのですが、それは、他人に対して、誰しも思うことで、特に、夫にとって妻とは、そういう存在なのかもって、思います。
でも、この映画の彼の場合は、本当に、切実な理由があるので、とても説得力がありますね(^_^)。

150分近くある長い映画ですが、先の展開が見えず、ぐんぐん話の中に入り込んでしまって、見終わるまで、ずっと前のめりだったので、長さを感じませんでした。

あ〜、怖くて、そして、面白かった!(2014,12,16)



シネマチェックトップへ