シネマチェックトップページ50音別indexカ行index

歓喜の歌      


2007年 日本   

<監督>松岡錠司
<キャスト> 小林薫 , 安田成美 , 伊藤淳史 , 藤田弓子 , 光石研 , 筒井道隆 , 笹野高史 , 塩見三省 , 片桐はいり , 山本浩司 , リリー・フランキー , でんでん

<ストーリー>
小さな地方都市、みたま町にある、みたま文化会館で、12月30日に、翌日のダブル・ブッキングが発覚した。責任者である飯塚主任(小林薫)は、やる気ゼロで、しかも家庭に問題を抱えていた。しかし、予約していた両サークルともやる気満々で、調整が付かず、事態は、膠着してしまう・・・。

<感想>
季節はずれですが、こんな映画を見てみました。
見た後に、これが立川志の輔の、同名新作落語だと聞いてびっくり。そういえば、立川志の輔師匠も、ゲスト出演されてました。
これが、落語で演じられたら、いったいどうなるんでしょうね。なかなかチケットは取れないそうですが、見る機会があれば、見てみたいです。

”ダブルブッキング”は、結構よく起こることです。
でも、この映画の場合、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。
しかも、登場人物は、いい人ばかり。さて、このダブルブッキング、どういう結末になりますことやら・・・。

悪人が出てこない映画なので、いったいどうやってこの事態を収めるのかと思ったら、ちょっとあり得ない話しになってゆきます。
まあ、感動的で、みんなが丸く収まるんだけど、この費用、どうなるんでしょうねぇ(^^;。せこい私は、そんなことが気になってしまいました。
それから、スーツの袖のその後・・・。あの人、ひとりだけなんだか気の毒で・・・(^^;。
そして、らんちゅう・・・さすがに気がつくでしょう、それは・・・(^^;。

落語なら面白いだろうけれど、映画になると、リアルすぎて、ちょっと・・・と思う作品ではありましたが、浮かれ気分の、年末年始に見るには、ちょうどいいかもね(^^)。(2009,03,17)



シネマチェックトップへ