シネマチェックトップページ50音別indexカ行index 


コンフィデンシャル 共助      


2017年 韓国 (CONFIDENTIAL ASSIGNMENT)
アクション・サスペンス・コメディー   

<監督>キム・ソンフン
<キャスト> ヒョンビン , ユ・ヘジン , キム・ジュヒョク

<ストーリー>
北朝鮮の刑事イム・ジョルリョン(ヒョンビン)は、任務遂行中に上司チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにあい、妻を殺されてしまう。チャは、偽札の原盤を手に入れて、韓国に逃亡。チョルリョンは、韓国に渡り、韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)と、共同捜査を行うように命令される・・・。

<感想>
”共助”とは、聞き慣れない言葉でしたが、ここでは北朝鮮と韓国の刑事が力を合わせて事件を解決するという意味でした。
実際、こんなことが、行われているのでしょうか??

この映画では、北朝鮮が行っていた偽札作りの原盤を盗み出した男が、韓国に逃亡したという設定で、その男を捕まえるために北朝鮮の敏腕刑事イム・ジョルリョンがやってくるのでした。
もちろん、偽札の原盤のことは極秘で、殺人犯を逮捕するためと言う名目でしたが。

このイム・ジョルリョンを演じるヒョンビンが、男前だし、アクションもキレッキレだし、めちゃくちゃかっこよかったです。
一方、彼に協力する韓国の刑事カン・ジンテ役は、韓国映画のお笑い担当的俳優のユ・ヘジン。
北の刑事が超ストイックな反面、南は、やたら生活感あふれていて、この凸凹コンビのやりとりに、ニヤリとさせられました。

ただ、北の刑事が、南に来て、なんの戸惑いも感じさせずに、大活躍するのは、ちょっと違和感がありました。
もちろん特別な訓練を受けているのでしょうが、韓国と北朝鮮の国内事情は、大きく違うはず。
いろいろなシーンで、その違いを感じたはずです。
まあ、そんな面倒くさいことを考えずに、ただ、楽しめばいいのでしょうが。
ラストも、国家の最重要シークレットを刑事だけでなく、その上官までも、あっさり南に渡してしまうなんて考えられないことでした。
でも、なにしろ、ヒョンビンが素敵だったし、アクションも見応え十分だったので、オールオッケーなわけですが(^▽^)。(2019,03,11)



シネマチェックトップへ