シネマチェックトップページ50音別indexカ行index 


危険なメソッド      


2011年 イギリス・カナダ・ドイツ・スイス (A DANGEROUS METHOD)
伝記・スリラー   

<監督>デヴィッド・クローネンバーグ
<キャスト>キーラ・ナイトレイ , ヴィゴ・モーテンセン , マイケル・ファスベンダー , ヴァンサン・カッセル

<ストーリー>
1904年、チューリッヒ。精神科医ユング(マイケル・ファスベンダー)は、フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)が提唱する“談話療法”を女性患者ザビーナ(キーラ・ナイトレイ)に行い、治療に成功した。その後、フロイトと会い、親しくなるが、あることがきっかけで、その後、疎遠になるのだった・・・。

<感想>
監督がデヴィッド・クローネンバーグだったので、暴力的な映画かなとちょっと構えて見始めたのですが、彼のそんなイメージとは、かけ離れた、品格漂う作品でした。
内容は、フロイトとユング、そして、ザビーナ・シュピールラインといった歴史上の著名な人物の愛と友情の物語です。

フロイトとユングぐらいまでは知ってはいましたが、その二人の関係に、ザビーナという女性が大きく関わっていたことは、全く知らなかったので、とても面白かったです。
なかでも、このザビーナの経歴と、治療の過程、そして、その後の彼女の変貌が見事で圧倒されました。
ユングが彼女に施した治療法は、フロイトの提唱していた談話療法というものだそうですが、こんなに鮮やかに改善するとは!
今で言う、セラピーの原型のようなものなんでしょうか。
制約の多い当時の女性には、覿面(てきめん)に効果が出るわけですね。

当時の精神医学の大御所フロイトと、議論の末、後にそれに反旗を翻すこととなるユングとの関係も見応えありました。
同じ学問を追究する二人は、初対面でも、何時間も飽くことなく、疲れもせずに話してしまうほどの情熱が迸(ほとばし)っていたのですね〜(^_^)。

主演の3人は、それぞれに見事な演技で、映画に引き込んでくれましたが、中でも、キーラ・ナイトレイの狂気の演技は、すごかったです。
美しい顔を、惜しげもなく崩して狂う様子は、鬼気迫るものでした。すごい!(2015,12,27)



シネマチェックトップへ