シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


スノーホワイト 氷の王国      


2016年 アメリカ (THE HUNTSMAN WINTER'S WAR)
アクション・アドベンチャー   

<監督>セドリック・ニコラス=トロイアン
<キャスト>クリス・ヘムズワース , シャーリーズ・セロン , エミリー・ブラント , ニック・フロスト , サム・クラフリン , ジェシカ・チャステイン

<ストーリー>
スノーホワイトによって滅ぼされた邪悪な女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)は、愛を信じない氷の女王だった。彼女に捕らえられた子ども達は、成長して立派な戦士になったが、そのうちの二人、エリック(クリス・ヘムズワース)とサラ(ジェシカ・チャステイン)は、掟を破って、恋に落ちてしまう・・・。

<感想>
前作「スノーホワイト」の時代を挟んだ前後の時代の物語です。
「スノーホワイ」が面白かったので見に行きましたが、イマイチだった予告編そのまま、本編もイマイチでした・・・(^_^;。

ストーリーが、ちっとも面白くないのです。
氷の王国の女王が今回のメインの悪役なのですが、悲しみで裏打ちされた恐ろしさなのに(なので?)、迫力が足りません。
エリックたちの恋物語も、薄っぺらな感じで、なんだかなぁ・・・という感じで、盛り上がりに欠けました。

終盤になってラヴェンナが再登場すると、一転、一気に面白くなりました。
やはり、彼女の強い個性と、演じているシャーリーズの“邪悪な”演技力は、すごいんだなと再認識しました。

氷の女王を演じているエミリー・ブラントは、好きな女優さんの一人なのですが、今回の役は、シャーリーズと比較されてしまうところが痛いですし、ミスキャストだったかも。

また、面白くなかったもう一つの原因は、語られることの多い”スノーホワイト”=白雪姫が今回は、全く登場しなかったことでしょう。
”スノーホワイト”と言う言葉を聞く度に、前回演じたクリステン・スチュワートを思い浮かべてしまいました(^_^;。

主演のクリス・ヘムズワースは、相変わらずタフで魅力的でしたが、彼一人の魅力だけでは、いかんともしがたい、残念な映画でした。

ただ、映像は、前作同様、美しくて、見応えありました。(2016,05,19)



シネマチェックトップへ