シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


ザ・ロード      


2009年 アメリカ (THE ROAD)
アドベンチャー・スリラー   

<監督>ジョン・ヒルコート
<キャスト> ヴィゴ・モーテンセン, コディ・スミット=マクフィー, ロバート・デュヴァル, ガイ・ピアース, シャーリーズ・セロン

<ストーリー>
世界に終わりが訪れてから10年。父親(ヴィゴ・モーテンセン)は、子ども(コディ・スミット=マクフィー)の未来を信じて、少しでも暮らしやすそうな南へと向かう。しかし、途中、飢えによって、人を襲うグループにも遭遇し、彼らの旅は、困難を極めるのだった・・・。

<感想>
現代アメリカ文学の巨匠、コーマック・マッカーシーの、ピュリッツァー賞受賞作の映画化です。
そんな有名な原作なのに、私は、全く知りませんでした・・・(^^;。
おまけに、同時期にデンゼル・ワシントン主演の似たような設定の映画「ザ・ウォーカー」も、公開されていて、少々地味な存在の映画となってしまいました。

映画の内容も、暗くて、重くて、色彩的にもとても地味。
唯一華やかさがあるとしたら、シャーリーズ・セロンの存在でしょうか。
その彼女も、くすんだ灰色の色彩の中に沈んでいました・・・。

映画は、まさに世界の終末の様子が描かれています。
しかし、何が起こって、こんな事になってしまったのかは、一切描かれていません。
起こってしまったことに対して、その原因に言及しても、もはや、意味がない・・・ということでしょうか。
もう、やり直せないのですから・・・。

とにかく、世界が破滅してから10年。
父親と共に、さすらう少年は、美しかった地球、豊かだった地球を見た事がありません。
知っているのは、廃墟となった世界と、人間の屍だけ。
それは、なんて、残酷なことでしょう。
でも、そのことが、残酷だということさえ、彼には、分からないのです。
なんてことでしょう!(T_T)

そんな息子を必死になって、生き延びさせようとする父親。
どんなことがあっても、”善き人”として生き、息子を守ると、誓った彼。
彼らの行く先々では、多くの困難が待ち構えていて、苦難の連続。
しかし、ごくたまに、ホッとするようなこともあって・・・。

主演のヴィゴ・モーテンセンは、圧倒的な存在感です。
・・・っていうか、あまり、人物が出てこないので、彼一人の演技に、この映画の成否がかかっていたのだと思います。
でも、彼って、こういう、じっと堪え忍ぶ系の演技は、しびれるほどうまいんですよね〜。
そして、時たま見せる笑顔が、これまた、優しくて、いいんです。

しかし、映画自体は、ただひたすら暗くて、辛いだけでした。
ラストも、どうとらえていいのか・・・。
もしかすると、これは、映画にするより、原作を読んだ方がいいのかもしれません。
映像にすると、一目見ただけで分かってしまう状況でも、
活字ならば、たくさんの文字で、じっくり描くことが出来ます。
そうやって、ゆっくりと、頭に刻み込んでいった方が、この話は、合っているような気がしました。(2011,05,31)



シネマチェックトップへ