シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


スノーピアサー      


2013年 韓国・アメリカ・フランス (SNOWPIERCER)
アクション・SF・スリラー   

<監督>ポン・ジュノ
<キャスト>クリス・エヴァンス , ソン・ガンホ , ティルダ・スウィントン , ジェイミー・ベル , ジョン・ハート , エド・ハリス

<ストーリー>
2014年、人類は、大規模な温暖化阻止計画を立てるが、失敗に終わり、地球は、一転、氷河期となってしまう。そして、かろうじて生き残った人々は、”スノーピアサー”と呼ばれる列車の中だけで生活していた・・・。

<感想>
氷河期となった地球。
残された人類は、氷で閉ざされた世界の中を疾駆する列車内だけで生き残っていた・・・。

ノアの方舟の列車版のような、面白い発想の映画でした。
元々は、フランスの大人気コミックだとか。
成る程、漫画チックな話です。
そもそも、どうして、列車は走っているのか。その動力源は?線路の補修は??等々、気になることが、多々ありましたが、そんなことは、考えてちゃいけないんでしょうねーーー(^_^)。

列車内には、絶対的な階級が存在し、上流階級は、列車の前方に、そして、最下層の人たちは、最後尾に生活していて、その格差は、絶望的なものでした。
なにしろ、最下層の人たちは、薄暗い空間で、薄汚れ、食事も、なにやら正体不明なものの配給制。
誰が見ても、こんな所での生活はやりきれないでしょう。
当然、彼らの中には、不満が渦巻き、暴動の気配が濃厚に・・・。

当然のごとく反乱が起きると、最下層の人たちは、徐々に列車内を先頭車両に向かって進むのですが、その様子が、まるで、今の格差社会そのままで、笑ってしまいます・・・というか、笑えません(^_^;。
持てるものはあくまで優雅に、持たぬものは、とことん悲惨に・・・。

韓国の監督ボン・ジュノ(「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」)のハリウッド初進出作品です。
だからやっぱり、ソン・ガンホ登場!(^_^)。
でも、その他は、有名なハリウッド俳優が顔をそろえていて、なかなかの大作でした。

途中でも、たくさん突っ込みどころがありましたが、ラストも、また同じく。
まあ、SFだから、こんなもんかな。

総理役の女優さんが、ぶっ飛んでいて、いったい誰だろう?と思っていたら、なんと、ティルダ・スウィントンでした。全然分からなかった、怪演です(^_^)。。(2014,12,22)



シネマチェックトップへ