シネマチェックトップページ50音別indexタ行index 


翔んで埼玉      


2018年 日本
コメディー   

<監督>武内英樹
<キャスト>二階堂ふみ , GACKT , 伊勢谷友介, 麻生久美子, 竹中直人

<ストーリー>
埼玉県人が東京都民からひどい差別と迫害を受けている世界。東京の超名門校・白鵬堂学院に、アメリカから帰国した麻実麗(GACKT)が転校してきた。校長の息子の百美(二階堂ふみ)は、そんな麗に心惹かれるのだが、実は麗は、隠れ埼玉県人だった・・・。

<感想>
公開時、大評判だったコメディー映画です。
予告編の「埼玉県人には、そこらへんの草でも食わせておけ!」が大ウケでした(^▽^)。
劇場で見たかったのですが、タイミングが合わず、やっとWOWOWで見ることが出来ました。

原作は、魔夜峰央の同名漫画で、1982年に、少女漫画雑誌「花とゆめ」に掲載されたそうです。
その時の原作に、あのセリフがあったそうです(^▽^)。すばらしい。
とはいえ、今から40年ほど前の漫画だと考えると、ものすごく強烈です。
今でこそ、東京のベッドタウンとして、大人気の埼玉ですが、40年前にこの漫画を見たとすると、なんだかちょっと厳しいかも?!
しかも、BLだし(^▽^)。

映画としても、めちゃくちゃ面白かったです。
予告編もすごいインパクトでしたが、本編も、その勢いそのままで、最初から最後まで抱腹絶倒です(^▽^)。
このパワー、素晴らしすぎる!
東京の一極集中、埼玉と千葉の闘い、そして、なんと言っても、群馬!(^▽^)。絶句です。

キャストも、いいです。
GACKTは、これ以上の配役はないと思うほどはまっていたし、二階堂ふみもうまい!
脇も豪華キャストで固めてあって、盤石でした。(2020,01,14)



シネマチェックトップへ