シネマチェックトップページ50音別indexタ行index

トンマッコルへようこそ      


2005年 韓国 コメディー・戦争   

<監督>パク・クァンヒョン
<キャスト>シン・ハギュン , チョン・ジェヨン , カン・ヘジョン

<ストーリー>
朝鮮戦争が続く1950年代。ある日、アメリカ人パイロット、スミス(スティーヴ・テシュラー)の飛行機が山奥に不時着した。その後、韓国軍兵士2人と北朝鮮人民軍の兵士3人も山奥で迷い、ある村にたどり着いた。しかし、その村に住む人々は、戦争が起こっていることを知らなかった・・・。

<感想>
たくさん笑って、たくさん泣ける映画でした。
他の地域と隔絶された山奥の村、そこでは、戦争が起こっていることはもちろん、人を疑うことを知らない人たちが住む村だった・・・。

この村の象徴が、純真無垢なヨイルなのでしょう。彼女の笑顔の、なんと清らかなことでしょう。(欲を言えば、最初の彼女の笑顔をもっと綺麗に撮って欲しかったけど・・・(^^;。)

敵と味方に分かれて殺し合い、それどころか、味方の命までをも奪おうかという心理にまで追いつめられていた兵士たち。
そんな彼らを傍目に、その日の出来事を心配する村人達の姿は、本当にのどかで、すがすがしかったです。
戦いさえなかったら、こんなに平和な暮らしが出来るのに・・・。

予告編で、ポップコーンが空から降ってくる不思議なシーンは、こういう事だったのですね〜〜(^^)。他にも、南北米の兵士のコミュニケーションの面白さや、イノシシとの対決の迫力など、笑えるシーンが盛りだくさんで、とても楽しい映画でした。

ただ、そんな村にも、遠からず大きな災難が降りかかってこようとしているのが、不安で、怖かったのでした。
最後の方は、泣いて泣いて泣きました。
そして、私も、この村だけは、この純真な村人だけは、戦争に巻き込んではいけないと、心から思うのでした。

私は、とてもとても感動したのですが、映画には、色々な見方があります。
最近、韓国映画の中で描かれる、アメリカ軍への風当たりが強いなとも確かに思います。この映画も、言われてみると、そうでもありますねぇ。
そこら辺の国と国との関係は、とても微妙ですし、また、元々の戦争の始まりでさえ、下々の者には、あやふやだったりするのですよね〜。

映画音楽はジブリ作品をはじめとして、たくさんの日本映画音楽を手がけている久石譲。そのせいもあってか、映画全体にジブリの香りのするファンタジーでした。
私は、大好き!(^^)。(2006,11,04)



シネマチェックトップへ