シネマチェックトップページ50音別indexタ行index


チェケラッチョ!!      


2006年 日本
青春・音楽

<監督>宮本理江子
<キャスト>市原隼人 , 井上真央 , 柄本佑 , 玉山鉄二 , 伊藤歩 , 山口紗弥加 , 樹木希林 , ゴリ, 平田満 , 陣内孝則

<ストーリー>
沖縄。同じ高校に通う透(市原隼人)、唯(井上真央)、暁(柄本佑)、哲雄(平岡祐太)は、ある日、沖縄で、人気絶頂のバンド、ワーカホリックのライヴを見て、突然音楽に目覚める。その後、自分たちのバンドを作った彼らは、ワーカホリックの前座として、ステージに立つことになるが・・・。

<感想>
沖縄を舞台にした映画は、おしなべて好きなのですが、この作品も楽しめました。

ただ、この映画を見た時期は、東日本大震災後、2週間あまりの時。
被害の大きさに呆然とし、また、原発関連では、悪い話ばかりが続いた時期(今だってそうだけど)で、私自身、だいぶ、どんよりと落ち込んでいて、
この映画のような、ノー天気な日本に、再び戻る事が、出来るのかなと思ったりして、
楽しい映画ながら、ちょっと悲しみも感じながら見ました。

でも、映画自体は、楽しい青春映画です。
このキャストなら、その明るさが、想像出来ますよね〜(^^)。

ストーリー展開は、だいぶ無理矢理で、ラストも、出来過ぎなんだけど、
沖縄のおおらかな雰囲気によくマッチしていて、良かったです。

主演は、こういう役をやらせたら、もうぴったり過ぎる市原隼人。
明るくって、おばかっぽくって、そして優しくて・・・。
いいですね〜(^^)。

平岡祐太は、たった5年前の映画なのに、とっても若くて、可愛い〜(^^)。
男の子でも、若い時の5年って、こんなに変わるのね〜。
他のキャストが、あまり今と変わらないので、ひときわかわいらしさが目立ちました(^^)。

もちろん、井上真央も、可愛いし、柄本佑も、お父さん譲りのいい味出してます。

落ち込んでいる時は、やっぱり、こういうバカっぽいけど、明るくて、楽しい映画がいいですね。(2011,03,27)



シネマチェックトップへ