シネマチェックトップページ50音別indexナ行index 


脳内ポイズンベリー      


2015年 日本
コメディー・ロマンス   

<監督>佐藤祐市
<キャスト>真木よう子 , 西島秀俊 , カンニング竹山 , ともさかりえ, 神木隆之介

<ストーリー>
30歳のいちこ(真木よう子)は、飲み会で知り合った年下のイケメン男子(古川雄輝)に一目惚れする。そんな彼と偶然再会して、彼女の頭の中の5つの感情が激しく議論を戦わせるのだった・・・。

<感想>
ちょうど同じ頃、同じような内容のディズニー映画「インサイド・ヘッド」も、公開されていていました。偶然なのでしょうが、同時期に公開しなくてもいいのに。

こちらの5つの感情は、理性・ポジティブ・ネガティブ・衝動・記憶で、ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミの「インサイド・ヘッド」とは、ちょっと違っているのが、面白いです。
「脳内〜」の方に”衝動”があるのが、ポイントでしょうか。こちらの方が、バランス取れているように思います。

色々な事態に直面するとき、どういう感情が頭の中で生まれているのか、5つの思考のエキサイティングな激論が、楽しかったです。
悩み事が多いと、疲れるわけだ・・・(^_^)。
結果、好きな人と一緒に居ても、必ずしも幸せとは限らないという、悲しい現実も、納得出来ました。
でも、1つのことを諦めても、きっと次の未来が開けるという、明るい終わり方もよかったです。

また、たまに出てくる、第6の感情!?あれこそが、映画の題名の”ポイズンベリー”=毒イチゴってことで、いわば、理性をかなぐり捨てた”暴走”ってことなんでしょうか。自暴自棄とも言うかな?(^_^)。
そんな時も、あるあるって感じですね。
面白いキャラでしたが、階段の下り方が美しくなかったのが残念でした。

キャストは、それぞれ力演でよかったですが、特に”衝動”の桜田ひよりちゃんが、可愛かったです(^_^)。(2015,05,08)



シネマチェックトップへ