シネマチェックトップページ50音別indexハ行index 


バッテリー      


2006年 日本
青春・スポーツ

<監督>滝田洋二郎
<キャスト> 林遣都, 山田健太, 天海祐希, 萩原聖人, 塩見三省, 岸部一徳

<ストーリー>
病弱な弟のために、家族そろって岡山に引っ越してきた天才ピッチャー、原田巧(林遣都)。自分の投げる速球に絶対の自信を持つ彼の前に、地元の少年野球チームのキャッチャー、永倉豪(山田健太)が現れ、二人は、バッテリーを組むことになる・・・。

<感想>
あまり、進んで見たいと思わない野球の映画。
主演の林遣都クンも、ちょっと美形過ぎてイマイチ。
な〜んて、贅沢な、ご託を並べて、なかなか見る気にならなかった作品でした。
でも、なんとなんと、見てみると、これ、予想以上に良かったです。
なんでも、試してみないと、分からないもんですね〜(^^)。

小学校を卒業したばかりの巧。
でも、天才ピッチャーである彼の剛速球を受け止めるキャッチャーは、なかなかいない。
そんな彼の前に、奇跡のように現れるキャッチャーの永倉豪。
練習の末、やっと巧の球を受けられるようになる・・・。

なるほどね〜。
どんなに天才的なピッチャーでも、その球を受け止めるキャッチャーがいなければ、実力を発揮できないのよね〜。
それに、このキャッチャーの永倉豪のキャラが、また、いいんだわ。
ピッチャーの女房役と言われるように(言うよね?(^^;)、ピッチャーの投げる球を受け止めるだけでなく、ピッチャー本人をも、がっちりと受け止める包容力を持つような、人間的にも良くできた人物。
中学生ながら、偉いぞ!!(^^)

野球のこと以外にも、巧は、
病弱な弟のために、両親、特に母親の愛を得られないように感じて苦しむ所なんて、泣かされます。
彼の気持ちも、分かるし、母親の気持ちも、よく分かりました。
また、この弟君も、良くできた子で、いいんだわ!(^^)。

主演の林遣都クン。
この映画のために生まれてきた?!ような、すばらしいキャラクターでした。
心配していた?投球フォームも、すばらしい!!(彼自身、野球をずっとやってきたらしい)
実際に、天才的な剛速球を投げているような感じで、迫力満点でした〜〜。
この林君、綺麗な顔して、意外と、スポーツ系男子で、野球の他に、ボクシングとか、飛び込みとか、何でもこなしちゃうからすごいよね〜!
「風が強く吹いている」でも、ランニングのフォームがとても美しかったです。(2011,05,05)



シネマチェックトップへ