シネマチェックトップページ50音別indexハ行index 

ブロークバック・マウンテン      


2005年 アメリカ ロマンス   

<監督>アン・リー
<キャスト>ヒース・レジャー , ジェイク・ギレンホール , ミシェル・ウィリアムズ , アン・ハサウェイ , ランディ・クエイド , アンナ・ファリス
<賞>アカデミー賞:監督賞、脚色賞、作曲賞

<ストーリー>
1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われたイニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)は、運命的な出会いをした。放牧されている羊の管理をしながら、二人は、いつしか自然に結ばれる。仕事が終わり、二人は、それぞれの生活に戻ってゆくのだが、求め合う気持ちは、いっそう強くなるのだった・・・。

<感想>
この年のアカデミー賞に多数ノミネートされた話題作です。
同性愛者の話ということで、そういうことを声高に訴える映画なのかと思って見ましたが、そんなことはなく、どこかしみじみとする、静かな映画でした。

ブロークバック・マウンテンの大自然の中で過ごすうちに、お互いを必要としていることを徐々に認識していく二人は、ある日突然結ばれ、そのことによって、二人の関係は、確固たるものになるが、羊の放牧というここでの仕事が終われば、二人はまた、地上に降りて、それぞれの生活に戻ってゆく・・・。
でも、その関係は、その時限りで終わるものではなく、お互いを求め合う気持ちは、別れている時間と、心の底の罪悪感によって、増幅され、そして、凝縮されてゆく・・・。

こういう関係は、実際には、理解しにくいのですが、あってもおかしくないもの、と思っています。
愛する気持ちは、それがたとえ、男と男であったとしても、そして、そういう二人だからこそ、このように、強く、切なく、美しいものなのでしょう。

特に、イニスは、父親に見せられた過去の光景が頭に焼き付いていて、自分の感情を素直に受け入れることが出来ずに苦しんでいるようでした。でも、ジャックと会うと、どうしようもない衝動に突き動かされて、感情を抑えられなくなってしまうんですね〜。だからといって、ジャックの誘いに乗って、二人で新しい生活を始める勇気を、彼は持てなかったのでしょう。切ないです。ラストの彼の悲しみが、胸に浸みるようでした。(2007,10,15)



シネマチェックトップへ