シネマチェックトップページ50音別indexハ行index 


冬の小鳥      


2009年 韓国・フランス


<監督>ウニー・ルコント
<キャスト>キム・セロン , ソル・ギョング

<ストーリー>
1975年、韓国。9歳のジニ(キム・セロン)は、よそ行きの服を着て、父(ソル・ギョング)と共にバスに乗る。そして着いた所は、児童養護施設で、父は、ジニを残して、去ってしまう。すぐに、父が自分を迎えに来ると信じるジニは、なかなか施設になじめない・・・。

<感想>
ウニー・ルコント監督の実体験を元にした映画です。

何も前知識を入れずに見に行きました。

お父さんが大好きな女の子ジニ。
彼女は、お父さんと一緒に、どこかに出かけてゆきます。
そして、着いたところは・・・。

実の父親がいるのに、児童施設に入れられてしまうジニ。
彼女の、混乱した気持ちが、痛々しくて、胸を打ちました。

ジニを演じた主演のキム・セロンちゃんがすばらしい。
とっても幼いのに、父を信じて疑わないまっすぐな心を、けなげに演じています。
とても演技とは思えない、真に迫ったまなざしが、痛々しくて、悲しいです。

でも、一瞬だけ、笑顔を見せてくれるシーンがあって、その笑顔のなんとかわいらしいこと!
その時、劇場内が、どよめいたような気がしました。

映画は、ひたすら淡々と進行しますが、
一種の緊張感を常にはらんでいて、決して退屈することなく、見終えることが出来ました。

ラストの展開で、この映画の出自が、分かります。
きっと彼女のこの選択は、間違っていなかったんですね。(2010,10,23)









シネマチェックトップへ