シネマチェックトップページ50音別indexマ行index 


ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション      


2015年 アメリカ (MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION)
アクション・アドベンチャー・スリラー   

<監督>クリストファー・マッカリー
<キャスト>トム・クルーズ , ジェレミー・レナー , サイモン・ペッグ , ヴィング・レイムス , アレック・ボールドウィン , トム・ホランダー

<ストーリー>
イーサン・ハント(トム・クルーズ)が所属するIMFは解体され、それでも一人謎のシンジケートに挑む彼は、敵か味方か、正体不明の美女イルサ(レベッカ・ファーガソン)や、IMFの元のメンバーたちとミッションに挑むのだった・・・。

<感想>
やっと大画面で見ることが出来ました(^▽^)。
作品紹介で、トム・クルーズの身体を張ったアクションが話題になっていましたが、
さすが!!やっぱり、彼、すごかったです。

予告編でよく見ていた、飛行機のドアに掴まったシーンは、映画では冒頭の序章部分でした。
あの状態で、ドアが開いたとしても、かえって危険なのでは??な〜んて思ってはいけないのです(^▽^)。
予告編でお馴染みのシーンですが、これは、公式HPのメイキングを見たほうがそのすごさがより分かります。
ワイヤーで安全策をとっているとは言え、離陸する飛行機のスピードって、こんなに速いのねーーと驚きました。
しかも、もし何かトラブルがあったとしても、飛行機が着陸して止まるまで、何も出来ないんだから、こんなに恐ろしいことはありません(^_^;。
映画としてみると、CGを多用した映画を見慣れているせいか、そんなにすごいと思えないのは、CG乱発映画の功罪ですね。

他にも、カーアクション、バイクアクション、水中アクション、舞台裏アクションなどなど、たくさんあって、とても満足できました。
やっぱり、トムは、すごい!!
オペラの舞台裏で、2箇所から狙われている要人を救うには・・・?の結論にも、驚きましたが、納得でした(^▽^)。

共演は、前回同様のメンバーが登場。
最初は、えっ?彼がトムと共演するの?!と、意外すぎたサイモン・ペッグも、とぼけた味がいいアクセントになっていて、とてもいいです。

今回のヒロイン、レベッカ・ファーガソンも、美人で、アクションも決まっていて、今までで、一番かっこいいヒロインだったかも。

ストーリーは、最初から意外な展開が続き、謎の美人スパイ・イルサを中心にどんでん返しの連続です。
深く考えなければならないこともなく、次々と情報が与えられて、逆転、また逆転のストーリーは、映画の中に、ひたすら身を置いて、楽しめばいいという感じでした。(2015,09,06)



シネマチェックトップへ