シネマチェックトップページ50音別indexマ行index 


ミュージアム      


2016年 日本
サスペンス   

<監督>大友啓史
<キャスト> 小栗旬 , 尾野真千子 , 野村周平 , 市川実日子 , 大森南朋 , 伊武雅刀 , 妻夫木聡

<ストーリー>
ある雨の日、凄惨な殺人事件が起こった。その後、同様の事件が連続し、被害者の繋がりも分かってくる。その時点で、捜査に当たっていた沢村刑事(小栗旬 )は、驚愕し、追い込まれてゆく・・・。

<感想>
予告編では、カエル男ばかりが印象的で、どうだかなぁと思っていたのですが、本編を見ると、しっかりした猟奇殺人事件となっていて、おぞましくも、面白く見ることが出来ました。

主人公のプライベートとか、カエル男の目的とか、よく出来ていたと思います。

映画の内容はおぞましかったけれど、年齢制限なしのG指定だったってことは、映像として、はっきりしたえぐい描写がなかったってことなのでしょう。それでも十分猟奇的な映画でした。

ちょっと引っかかったのは、市川実日子 が演じた橘幹絵のシーン。少々さらっとしすぎていたように感じました。

終盤は、映画のコピー「あなたは、最悪のラストを期待する」の通り、”期待”は、しなかったものの、そうだと確信してしまったので、やられた!という感じでした。

カエル男の演者は、映画を見終わっても、分からなかったのですが、なんと、妻夫木聡だったんですねーー。メイクが完璧すぎて、分かりませんでした(^_^;。(2017,12.10)



シネマチェックトップへ