シネマチェックトップページ50音別indexヤ行index 


やじきた道中 てれすこ      


2007年 日本
時代劇・コメディー   

<監督>平山秀幸
<キャスト>中村勘三郎, 柄本明, 小泉今日子, 山本浩司, 藤山直美, 國村隼, 笹野高史

<ストーリー>
江戸時代。品川の遊郭の花魁、お喜乃(小泉今日子)は、なじみの職人、弥次郎兵衛(中村勘三郎)に足抜けの相談をしていた。また、弥次さんの幼なじみ、喜多さん(柄本明)は、舞台で大失敗をして、江戸を離れたがっていた。そのため、この3人で、東海道を西へと下る旅をはじめる。

<感想>
先頃亡くなった中村勘三郎さんの追悼鑑賞をしました。
あんなにお元気そうだったのに、命って儚いですね。

「東海道中膝栗毛」でおなじみの、弥次さん喜多さんに加えて、花魁のお喜乃が加わった3人の道中記です。
そして、「てれすこ」という、聞き慣れない言葉。
いったい「てれすこ」とは?
wikiで調べてみると、落語に、この演目がありました。
落語の筋は、劇中で描かれているとおりもので、それに、弥次さん喜多さん、そして、お喜乃の話を絡ませて、物語はすすんでいきます。

想像通り、楽しい時代劇コメディーでした。
特によかったのは、やっぱり、配役ですね。
ちょっととぼけた人の良い弥次さんを、中村勘三郎。
小心者だが、酒が入ると、大暴れする喜多さんに、柄本明。
おきゃんで、したたかなお喜乃は、小泉今日子。
三人ともうまいし、それぞれ個性が光っています。

道中には、色々なエピソードがちりばめられていて、これなら、続編も出来そうだったのに、作らなかったんですね。今となっては、残念です。(2012,12,09)



シネマチェックトップへ