シネマチェックトップページ50音別indexワ行index

ワルキューレ      


2008年 アメリカ・ドイツ 歴史・スリラー・戦争   

<監督>ブライアン・シンガー
<キャスト>トム・クルーズ , ケネス・ブラナー , ビル・ナイ , トム・ウィルキンソン , カリス・ファン・ハウテン , テレンス・スタンプ , クリスチャン・ベルケル , ケヴィン・マクナリー , トム・ホランダー

<ストーリー>
第二次大戦下のドイツ。ヒトラーによる独裁政権に反感を持っていたシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、「ワルキューレ作戦」を利用したヒトラー政権崩壊のシナリオを考えつく。同じ考えを持つレジスタンスのメンバーと共に、計画を練り、そして、計画を実行に移す日がやってきた・・・。

<感想>
歴史的事実と映画の予告編を見て、ほとんど内容が分かってしまったように思っていましたが、この「ワルキューレ作戦」は、思っていた以上にスリリングでした。
あのヒトラー独裁政権の内部に、これだけ多くの反ヒトラーがいたとは驚きです。歴史上類を見ない残虐さを呈していたヒトラー政権でしたが、ドイツ上層部の中にも、良心と、正義を持っていた人は、決して少なくなかったわけで、この事実を知ったことは、うれしかったです。

映画を見るに当たって、少々勉強不足だったようで、元となる「ワルキューレ作戦」をあまり理解していなかったのと、相変わらず軍隊の階級が分からないのとで、おそらく真の面白味の半分ぐらいしか味わえなかったようにも思えますが、それでも、作戦決行までとその後の、トム=シュタウフェンベルク大佐と、その周囲の人間の緊張感は、十分に感じ取ることが出来ました。

ただ、ちょっと残念だったのは、作戦実行後、「ワルキューレ」を発動して各部署に指令を出すシーンの高揚感と、実は、ヒトラーが生きていたと知ったときの落胆との落差が、歴史的事実を知っていただけに、衝撃的でなく、分かってしまっていたということでしょうか。
結末を知らなかったら、もっともっと緊張感を持って、このシーンを見られたと思うと、残念です。まあ、それも分かって作られた映画なんでしょうけれどね。

それにしても、よく考えられた作戦で、もしあの時、電報の指令が逆に伝えられていたとしたら、たとえヒトラーが生きていたとしても、この作戦は、うまくいったのではないかと思ってしまいました。

主演のトムは、相変わらず、軍服がビシッとよく似合って、また、年とともに貫禄も出てきたようで、それも含めてかっこよかったです(^^)。(2009,03,26)



シネマチェックトップへ