シネマチェックトップページ50音別indexabc行indexabc

SHINOBI      


2005年 日本 アクション・時代劇・ロマンス

<監督>下山天
<キャスト>仲間由紀恵 , オダギリジョー , 椎名桔平 , 坂口拓 , 永澤俊矢 , 沢尻エリカ , 石橋蓮司

<ストーリー>
徳川家康(北村和夫)が天下を統一し、太平の世へと向かっていた1614年。忍者の二大勢力であった伊賀の朧(仲間由紀恵)と甲賀の幻之介(オダギリジョー)は、お互いの素性を知らずに出会い、恋に落ちた。しかし、家康の命令で、伊賀と甲賀は、生き残りを掛けて戦わざるを得なくなり、二人は、敵同士となるのだった・・・。

<感想>
忍者版ロミオとジュリエットですね〜(^^)。
映画の評判が意外と悪かったと記憶していたので、期待せず見たのですが、結構いけてました。仲間由紀恵も、オダギリジョーも十分に美しくて、うっとり。ラストは、ちょっと泣いてしまいましたし(^^)。

原作は、山田風太郎の「甲賀忍法帖」だそうです。読んだことはありませんが、有名な作品ですよね。いつか読んでみたいです。

確かに、太平の世に、忍者の必要性はなく、存在価値のなくなった彼らは、統治者にとっては、かえって、邪魔者。むしろ、脅威になってしまうでしょう。でも、それでしか生きる術のない彼らには、滅びるという選択肢しかないというのは、いかにも、憐れですねぇ。

彼らの術は、忍者と言うよりも、もう、妖怪変化の域ですが、娯楽作品として見るには、結構楽しかったです。
要するに、精鋭5人の忍術比べで、沢尻エリカの蛍火は、ちょっと力不足で可哀相でしたが、その他は、色々と、楽しませて貰いました。最後に登場するオダギリジョーの忍術も、見事。最新のVFXを駆使した映像も、美しくて見応えありました。(2007,04,20)



シネマチェックトップへ