シネマチェックトップページ50音別indexabc行indexx 


X-MEN フューチャー&パスト      


2014年 アメリカ (X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST)
アクション・アドベンチャー・SF   

<監督>ブライアン・シンガー
<キャスト> ヒュー・ジャックマン , ジェームズ・マカヴォイ , マイケル・ファスベンダー , ジェニファー・ローレンス , ハル・ベリー , ニコラス・ホルト , エレン・ペイジ , オマール・シー , イアン・マッケラン , アンナ・パキン , ファムケ・ヤンセン , ジェームズ・マースデン

<ストーリー>
2023年、地球はバイオメカニカル・ロボット“センチネル”によって滅亡へと向かっていた。そこで、プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)はマグニートー(イアン・マッケラン)と協力して、センチネルの開発が始まる1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を送り込むが・・・。

<感想>
あ〜、面白かった!(^_^)。
こういう、あり得ないことを体験するには、映画って、本当に、最高のツールですね〜(^_^)。
今回、3D上映もあったのですが、時間の都合で、2D字幕版でしか見ることができず、ちょっと残念(T_T)。

最強の敵、センチネルによって、ミュータントだけでなく、人間も、壊滅状態に追い詰められ、荒廃した世界を救うために、過去にさかのぼって、その根源を絶とうと、ウルヴァリンが過去に送り込まれる・・・って、ターミネーターみたいですが、この映画で送り込まれるのは、ウルヴァリンの意識だけ。だから、ウルヴァリンの武器が・・・!!\(◎o◎)/!

今回の見所は、現代と過去のミュータントたちを、一気に見ることが出来ること。
ほぼキャストも、変わっていないので、懐かしい顔も見ることが出来るのは楽しいです。
プロフェッサーも、マグニートーも、現代では、おじいちゃんだけど、過去では二人ともかっこいい!(^_^)ので、テンション上がりました(^_^)。
今では、落ち着いて、大成した人でさえ、若い頃には、いろいろな失敗とか、葛藤もあったりするところがみれて、面白さに深みも加わりました。

それにしても、マグニートーの不敵さは、すごい。
あんな事をやってしまったり、そのほかにも、あれやこれや色々、すごくて、やっぱり彼が、ミュータントの中では、最強なのではないかしら。

今回、ヒュー=ウルヴァリンは、そんなに活躍せず、目立っていたのは、マグニートーの他には、ジェニファー・ローレンスのミスティーク。
なにせ、なんにでも、変身できるのだから、便利です。ただ、攻撃力的には、ちょっと弱いんですね、彼女。

そんなこんなで、オールリセット!!!
これなら、いくらでも、シリーズ、作れますがな・・・(^_^)。

映像的には、とても綺麗で、迫力満点。満足したけど、あぁ、やっぱり、3Dで、見たかったな〜〜。(2014,06,07)



シネマチェックトップへ