獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-170

パグ犬の咳
投稿日 1998年7月23日(木)00時15分 藤田 晶子

11才のオス(去勢済)のパグ犬が、2週間ほど前の丁度暑くなったり
寒くなったりした天候不順だった時より、24時間、喘息ようなひどい
咳をしています。先日、見かねてお医者様に連れて行ったのですが、気
の弱い性格もあってか、お医者様の前では咳をこらえているのか、咳は
でず、しかし、気管支がかなり腫れているとの事で、入院となりました。
翌日、病院では咳をしないとの事で、引き取りに来て欲しいと言われ、
咳止めと、気管支拡張剤をもらって、1日で退院したのですが、家に戻
るとやはり咳づめで、頂いた薬も効きませんでした。
それで、別の病院に連れて行ったところ、白血球が高いと言われ、とり
あえず抗生剤と咳止めをもらい、連れ帰りました。
朝晩と抗生剤を使っているのですが、相変わらず咳が止まりません。
小さい頃より、喘息的な咳は時折していました。しかし、この2週間ほ
どの咳はひどく、咳き終わった後、憔悴しきってグッタリしています。
出来れば、薬は避けたいのですが、それよりも、何とか咳を止めてあげ
たいです。
薬が効かないのであれば、このまま一生咳き続けて行くしかないのでし
ょうか?
また、家で何かしてあげられる事は、ないでしょうか、どのように看病
したらよいのでしょうか...
どうしたら良いのか、アドバイスをお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。