獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-205

どうしたらよいのでしょうか
投稿日 1998年7月28日(火)22時45分 メグママ

友人のピレネー(雄、1歳)ガ4月に脱臼してしまい、最初に
骨を元に戻してテーピングで固定するという方法をとりましたが
うまくいかず、次に骨をピンで固定する手術を受けましたが
3日でピンが外れてしまいました。再度ピンで固定する手術をうけ、
少しずつ歩けるようになってきた矢先、伸びをした時に
脱臼してしまいました。
先生は、後は人工関節しかないがこの病院ではやっていないので、
北海道の病院を紹介しますと、おっしゃったそうです。
飼い主さんは東京在住です。
聞いたところによると、人工関節はまだ臨床例も少なく、
まんがいち感染症に感染すると、今度は足を切らなくては
ならなくなるとの事で、意志の疎通もはかれていない先生に
お任せするという事もさる事ながら、せっかく手術をしても
断脚などという事になっては余りにもかわいそうです。
それならばいっそのこと手術などしないで、
このままにしておいたほうがいいのではないかと悩んでいます。
皆さんの周りで、人工関節の手術をしてうまくいった、いかなかった等
その他何でもかまいません。
情報をおよせください。
どうか宜しくお願い致します。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。