獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-36

11/16付けの「噛む」KAORIさんへ
投稿日 1998年12月9日(水)14時32分 尾形 庭子

前回メールした尾形です。毎度レスが遅くて申し訳ありません。
そうですか、いくらか落ち着いたということ、「ダメ」で足など
から離れるというのはすごく良いと思います。
ご質問のあった「持ち上げる」方法ですが、
イヌの性格によるでしょう。従順なタイプなら効果的な方法のひとつですが、
そうでない場合はそのうち抱きあげようとするときに
阻止しようとするイヌに噛まれるきっかけとなってしまいます。
そこで、現在イヌをみていない以上、メール上でおすすめできることは
やはり、「ダメ」の徹底です。とにかくかもうとしても、興奮していても
「ダメ」にしたがうように教えてください。
興奮が激しいときは、抱くよりは無視する、kaoriさんが部屋から出ていくなりして、
相手にしないことが一番弊害が少ないでしょう。(イヌのタイプがはっきりわからない
場合)
成犬になったとき抱こうとして持ち上げられず、モタついてしまうと、かえってイヌに
「飼い主は自分より弱いのだ」という誤解を与えてしまいかねないと
思います。
とにかく、毎日ケジメを教えていけばその他のしつけの
項目にも良い影響を与えると思いますよ。がんばってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。