獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-39

うさぎの食餌
投稿日 1998年12月10日(木)10時16分 くまこ

こんにちは、いつもお世話になっています。
重度の不正コウゴウから 上顎下顎周辺の骨が膿に侵されている うさぎ
(メス・5歳9カ月)を飼っている者です。
このような病気のウサギの食餌について、よろしければ教えてください。

老化現象なのかもしれませんが、体重のわりに(2 8キロ)背骨が出ています。
触ると骨の形がはっきり分かるくらいです。
10月に 子宮けいガンの手術で 子宮と卵巣のがん組織 約200グラムを取り出しました。
それ以降、骨っぽいカラダになったような気がします。
雑種ですが、耳が長く、骨格が大きいので 2 8キロでも太ってはいない、
丁度いいくらいだと お医者さんに言われていますが、
不正コウゴウの方で闘病中なだけに、充分な栄養を取らせたいのです。
しかも冬なので もう少し太らせてもいいのではないかと思っています。

いつもは 朝晩合わせてペレットひとつかみと、あり余るほどの牧草、
大根やカブの葉、小松菜、チンゲン菜、カブ、ニンジン、などを
一日150グラムほど与えています。
牧草はよっぽどおなかがすいて 他のものがないときにしか食べません。
ビオフェルミンやエビオス、クロレラ粒などもとても欲しがるので、
多分必要以上の量をあげています。
このようなメニューで栄養は足りているのでしょうか。
うさぎ自体は病気と思えないほど元気で、いつも飢えています。
(というより、牧草を食べさせたいのに他の好物ばかり欲しがります)

先日はあまり欲しがるので ペレットをいつもの2倍ほどあげたら、
おなかをゴロゴロいわせて 便秘したと思ったら 下痢を起こしてしまいました。
(ペレットを多く食べると下痢をする という傾向は昔からありました)
毛玉症も気になるので、牧草を山ほど食べてくれるに越したことはないのですが、
牧草を食べさせようと兵糧攻めにすると ハンストを起こすので、
弱りはしないかと心配になります。
今のままの食事で問題はないのでしょうか、
なにか他に工夫できることがあれば 教えて頂けると大変有難いです。
どうか宜しくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。