獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-99

RE:片目なのですが
投稿日 2001年1月12日(金)18時47分 ちゃま

*カオリさん*
時々ネコの掲示板の方でお世話になっております、チャトラ(5才♂)ママの
ちゃまと申します。
従妹が以前保護した、数匹の生後間もないと思われる仔猫も
カオリさんのネコチャンと同じ様な状態でした。
従妹は一般の動物病院に通院していましたので、カオリさんもお近くの
動物病院に一度問い合わせてみられてはいかがでしょうか。
猫にはまぶたの下に「瞬膜」という第2のまぶたがあって、閉じたままに
しておくと失明してしまうとのことでした。
ですから、従妹が毎日仔猫を病院に連れていって瞬膜をこじあけて、
目薬と軟膏を眼球につける治療と、自宅で3 4時間おきに
従妹が同じ治療をしなければいけませんでしたが、そのかいあって完治し
みんな里親に貰われていきました。(一匹は従妹のところで
今でも元気にしています)
カオリさんのネコチャンがどのくらいの症状が進んだ状態かわかりませんが
症状が軽いうちは治りも早いとおもいますので、
早急な治療が必要だと思います。
仔猫ちゃんが治ることをお祈りしています。長々と失礼しました。☆=

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。