獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200605-302

Re クッシング症候群
投稿日 2006年5月27日(土)23時19分 投稿者 けりーずはうす

まずはクッシング症候群の鑑別診断のための検査をなさったと思われます。
それにより、下垂体依存性もしくは副腎依存性であるのかがわかります。
その結果で多少の治療の違いがあるかもしれません。

クッシング症候群の治療の主流はミトタンという薬を投薬することで、副腎を破壊し、副腎から出るホルモンを
抑制するという方法が多いようです。

何でも少ないものは薬で補えばよろしく、過剰に投与すればその薬を減じればいいので
割と簡単なことであるのですが
体の中の多く分泌されているものを減じさせるというのは難しいのです。
特に副腎皮質ホルモンと言うのは、血糖値なども調節するのに一役買っているので
過剰にすくなくすれば、低血糖になったりするのです。
ただ、この危険性は治療をする獣医師は十分把握した上でのことですので、こまめな
観察や検査の上で、投薬量などを決めていくはずです。

また、ミトタン以外に、ケトコナゾールを投薬することや外科的に副腎切除を選択することも
ありますがあまり推奨はされていないようです。

ゲンさん、確かに危険を伴う治療ではありますが、注意深く観察していけば早めの対処が可能であり
そのことに対する治療もあります。
しかし、このままでは早い時期の死の転帰をたどるのは確実です。
また、本人(犬)が苦しむのであれば、治療の中断も可能であります(主治医と良く話してくださいね。)。
お決めになるのは飼い主さんではありますが、いずれにしても、もう少し主治医とお話になり
十分に納得なさってから治療にかかられることをお勧めいたします。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。