獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-47

ALP3500
投稿日 2006年7月5日(水)16時38分 投稿者 しの

11歳雑種(ゴールデンが入っています)で、
腫瘍がいくつかあり、手術をしようか悩んでいました。
まず、病理検査を!と思いましたが、検査だけでは結果が分かりづらいと言うことで、
色々考えて、やはり悪性か良性か分からないけれど、いくつかあることから、取ろう!と決心をし病院に行きました。

しかし、手術前の血液検査の結果、手術は見送る事になってしまいました。

Alb 3.3
GOT 17
GPT 62
BUN 17
Cre 1.3
Glu 82
TP 6.2

Na 147
K 4.5
Cl 116
WBC 86

HCT 48

で、これらは正常だと言われたのですが、
ALP 3500 
と言うのが、正常範囲の十倍以上な為、今回はやめると言う事になりました。
本当に範囲を超える凄い数値なので、とても心配なのですが、どんな病気が考えられるのでしょうか?
今すべき事は何なのでしょうか?

また、薬はゴクミシン100と言うのを朝晩2錠ずつ飲ませ、
フードはWALTHAM肝臓サポートに切り替え、
1ヶ月くらい様子を見て、数値が正常になれば、手術する事になりました。
他に何か必要な治療、有効な治療などはありますか?
また、1つ不安なのが、1ヶ月後にたとえ数値が正常値になっていたとしても、それは治っているのではなく、薬でおさられているだけなのでは??
と思ってしまうのですが、その時点で手術をしてしまって平気なのでしょうか?先生は、腫瘍を取るときに、胆嚢あたりも診てみるとおっしゃっていました。

また、手術をするさい、もともと血液検査で異常が見つからなければ手術!
と言うことで、レントゲンはなしの予定でしたが、レントゲンは腫瘍手術の場合、なくても平気なものなのでしょうか?

あまりにもALP値が高いので、命に関わるのかも心配なのですが、
どうなのでしょうか?・・・

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。