獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200611-117

輸血
投稿日 2006年11月18日(土)12時07分 投稿者 山椒(ニックネームです)

はじめてこのサイトに来ました。あることでどうしても疑問を解決したく、ネットサーフィンしていてたどり着きました。場違いだったら削除お願いいたします。

近所の獣医師のもとに常に一頭、引き取り手の無い大型犬が輸血犬として飼われています。以前はレトリーバーがいましたが、ガリガリに痩せて白髪だらけになってしまっていたところ、見かねた方が新しい飼い主として申し出て、ひきとられていきました。すぐに現在のシェパードがきました。一年経って、昨日そのシェパードを偶然見かけたら、ガリガリに痩せて腰が抜けてしまったようになっていて、ほとんど歩けない状態でした。1ブロックと歩けない様子でした。来たときは大きく立派でしゃんと立って軽快に歩いていたので、一年の間に急に老化したとは考えられません。

獣医さんの間では、このように飼い主のいなくなった犬を輸血採取用として使って利益を得るということは普通のことなのでしょうか?

素人なりに考えますと、手術をするということは、何か他の生き物が献血をしているということだと思いますから必要なことなのかもしれませんが、それでも一年であんなにボロボロになるほど血を抜くというのはやりすぎだと思います。

この獣医師がいきすぎた行為を行っているなら、それを緩和させられる方法をご存知の方がいらっしゃいまいしたら教えていただけませんでしょうか??

長い文章で失礼しました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。