獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-103

Re:猫の薬
投稿日 2007年9月15日(土)12時50分 投稿者 プロキオン

ドイツにおける猫の疾病事情を存じませんので見当違いのことを述べているのかもしれませんが。

日本では大抵の開業医がある呼吸器の疾患に遭遇したことがあると思います。猫が驚いたり、興奮したくらいのことで、そのまま死亡してしまうことがある病気です。
呼吸が早いなくらいの認識でレントゲンを取ろうとして急死してしまったりして、血の気が引く経験をさせられる病気です。
おそらく、ドイツでも同じ病気があるのではないでしょうか。記載されていた薬品は早く言えば、そのような猫のレントゲンを撮影する際には使用される医薬品のようです。ドイツの先生もおそらく同じような病気を疑ってのことと想像します。

>X線写真を撮る前後に、Dopram 1mL、Frecadyl 1mL、Prednisolon 1mLを注射。その後呼吸が荒くなり15分もしないうちになくなりました。

では、なぜ死亡したのかということになりますが、それは分かりません。体重が記載されていませんので薬用量なのか、投薬の経路なのか、投薬のスピードなのか、猫の取り扱い手技なのか、あるいは、猫自身がすでにそこまでいってしまっていたのかもしれませんし、どれをとっても想像でしかありません。

ただ、猫が死亡したという事実は動かしようがありませんので、死亡原因に至る情報としては処置した獣医師が最も多くをもっているということになります。
喧嘩にならないように冷静な話し合いを重ねていって、「何故、死んだのか」の原因に近づいていかないとならないですね。双方が興奮してけんか腰になってしまったら、もう、何も出てこないです。
原因が知りたいのであれば、冷静に話し合いを重ねるのが一番確実だと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。