獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-113

Re:猫の下痢と便秘
投稿日 2007年9月17日(月)11時26分 投稿者 けりーずはうす

自分でトイレまでいけるということであれば、そろそろ離乳食を始める時期かもしれません。
今までの経験上、100%人工哺乳はわりと便秘がちになりやすいようです。
また、成長に見合っていない食事のために、下痢を起こしていた子猫も経験があります。
つまり、この頃は成長のためカロリーはかなり必要なのですが、ミルクではそれは補えないのです。
そのため今まで以上にミルクを飲むのですが、消化器はこの量を消化する能力をもたなかったようでした。
離乳食を混ぜながら与えたところ、お腹の具合もよくなりましたよ。

また、離乳期のお腹の動きや消化吸収能力はめまぐるしく変る為、少し気をつけなければならないようです。
母猫がいれば、全て上手く行くのに、人に任されるとやはり難しいものですね。
今の粉ミルクを混ぜながら、「離乳食」と言うのが販売されているはずですので、与えてみてください。
ただし、今の時期はミルクと離乳食の割合が半々くらいですから、まだ哺乳は必要です。
1週間毎くらいでこの割合を変えていき、生後2ヶ月前後には、ミルクは切っていくようにします。
また、その頃には離乳食では成長が間に合いませんので、「子猫用フード」というものに切り替えていきましょう。

現在下痢をしている子猫さんは、寄生虫がいないか便のチェックはしてもらっていますね。
もし、していただいていないなら下痢止めを処方していただくついでに便を持って行き、検便をしてもらってください。

今が一番かわいい時期ですが、成長もめまぐるしく、大変になる時期ですね。
もう少しです。がんばってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。