獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-150

Re:変形性脊椎について
投稿日 2007年9月22日(土)12時07分 投稿者 けりーずはうす

残念ながら、すでに変形した脊椎を元に戻すという事も、症状の進行を食い止めることもできないです。
ビーグルという犬種は、ダックスと同じくらい脊椎疾患の多い種類でもあります。

対処としては、主治医の先生が勧められたようにグルコサミン製剤などのサプリメントや処方食は
傷ついた軟骨を正常化するのに役立ち、長期的には進行を遅らせることにつながります。

また、主治医からも生活の面で指導があると思いますが、ジャンプや段差の上り下りなどへの注意。
体重の管理も大事です。
運動に関しては、腰に負担をかける走ることなどは良くないのですが、真っ直ぐ歩いたり水泳は脊椎の周囲の筋肉を強化するのに良いですね。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。