獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-158

ペット可賃貸の契約内容
投稿日 2007年9月26日(水)18時13分 投稿者 モム

ずっと外猫だった愛猫と、家族皆で暮らせるようにと、ペット可の賃貸物件を探し続け、やっと引っ越せそうなマンションが見つかり、契約書類も手元に届いてあとは署名押印をして残金を払うのみとなったところで、思わぬ事態に悩んでいます。
というのは、契約書添付のペットに関する同意書で、退去時は敷金全額償却という記載が入っており、それまで聞いていた話と違っていたのです。仲介なので直接管理会社と話はできないのですが、担当者を通して内容を再度確認してもらったところ、文言上は全額償却、不足分は賃借人の負担という記載になっていても、実際は、その金額に満たない費用で済む場合は、実費精算で返金という対応をしているという回答でした。そこで、そうであればその主旨が分かるような文言の追加記載をしてほしいとお願いしたのですが、それは無理な様子です。

長い間かかってやっと出会った物件ですし、今の段階でキャンセルすれば手付けは戻らない可能性も高いので、できることなら入居したいのですが、このままでは契約書上の内容と実態に食い違いがあり、その部分は口約束でしかないので、将来トラブルの元にもなりかねません。互いの信頼関係のためにも実態に合致した契約内容の記載を求めたいのですが、強く主張すれば先方から契約を破棄されることもあると思います。自分なりにいろいろ調べてはいますが、解決の糸口が見つかりません。同じような経験をされた方、あるいは何かご存じの方、こういった問題に詳しい方など、アドバイスをお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。