獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-185

安楽死についての質問です。
投稿日 2007年9月29日(土)21時38分 投稿者 めぐみ

私の友人の犬が悪性繊維性組織球腫という病気になり、苦しめたくないという理由から病状が悪化する前に安楽死させました。その時犬は非常に怖がって、最期を迎えたのです。
安楽死は穏やかな死であると思っていた本人は、そのようにしてやれなかった事でとても落ち込んでいるのですが、実際の医療の現場ではどうなのでしょうか?安楽死の場合は安らかに穏やかに逝かせてあげられるのがほとんどなのでしょうか?それとも違う場合もあるのでしょうか?現場で実際に処置をされている獣医さんにしかわからないことだと思うので教えていただきたいのです。それから早めの安楽死についてもご意見があれば聞かせていただけたらと思います。この質問を読まれた方の中で、ご自分の体験なり、ご意見等がありましたら、お返事をいただけたら嬉しく思います。よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。