獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-186

Re:安楽死についての質問です。
投稿日 2007年9月29日(土)23時41分 投稿者 蒼人

 初めまして、めぐみさん。イチ犬飼いで蒼人と申します。

 ご友人が愛犬を安楽死されたとのこと。ご友人さんも本当に辛い辛い決断の上だったと思いますが、イチ愛犬家のひとつの【想い】として、お聞きください。

 病状が悪化する前の安楽死を選択し、その時愛犬が非常に怖がっていたというお話。
実際の犬の状態や、どういう状況でその処置が行われたのか、またその処置がどういうもので、犬にとってはどういう感覚を与えるものだったのか、わかりませんが、きっと、、そのワンくんには
自分がこれから命を失うんだということが分かっていたのかもしれませんね。
 それも、愛するご主人がそのことに同意しているということも含めて。
犬とはそういう生き物ですから。
 飼い主であるご友人さんにとっても今回のことは非常に辛く、苦渋の決断であったろうと、またそうであって欲しいと思ってますが、個人的な感想としてはやはり【残念】ですね。
 【安楽死】は状態によっては犬のためを想って取っても良い手段の1つだろうとは考えますが、それは本当に最期の最後の手段。少なくとも当犬が自力でご飯を食べられ、主人からの愛情を欲しているなら、、まだしばらくは様子を見て欲しい・・・と思います。

 犬の安楽死について、ちょっとお教えしたい書籍などがあるのですが、ここでは商品名を挙げるのはタブーですので、もしご興味があればメールなどをください。

 最後になりますが、この書き込みは、ご友人さんの決断を否定するものでも非難するものもありません。ご友人さんも今は非常に辛い時期でしょう。もしお話されるなら、時間を空けて言葉を選んでお伝えください。

 そして虹の橋を渡ったワンくんに合掌を(ー人ー

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。