獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-35

Re:猫の黄疸
投稿日 2007年9月7日(金)11時28分 投稿者 プロキオン

肝臓癌ということであれば、肝機能は相当に障害を受けてきているはずですから、黄疸もやむなきかなといえます。
この黄疸を軽減したいとの御相談なのですが、現在癌の治療中であれば、それは主治医の先生に相談していただかないとなりません。猫の状態と使用できる抗癌剤の組み合わせもありますし、とくだんこれを使えば1発でよくなるという薬剤もありません。
患者を診ていない者が主治医を無視してアドバイスできるとも考えられませんし、むしろ、主治医の先生も当然ながら黄疸も考慮されているのではないでしょうか? にもかかわらず、肝臓の状態がそれだけよくないのではと考えています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。