獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-88

Re:赤ちゃんと猫の共存 2
投稿日 2007年9月13日(木)15時44分 投稿者 チーママ

「動物よくある相談」に「妊娠と赤ちゃんと動物と」と言う文章があります。
また「人畜共通感染症」とまとめもありますので、お読みくださると嬉しいです。
それを読んだ上で、まだ不安に思われるようなら、子猫たちには里親を見つけられると良いでしょう。

猫が子供にやきもちを焼くかどうかは、まさに飼い主次第です。
猫に限らず、動物に「自分の方が偉い!」と思わせるようなら、その可能性は大きくなると思います。
また、子供にかまけて猫をおざなりにするなら、ありえます。
猫にも色々な性格がありますが、飼い主次第で猫の行動は違ってくると思われると良いでしょう。

また、猫のアレルギーになるかどうかは、誰にも確約できることではありません。
どんなにしても、親の体質の相乗効果もあって、アレルギーになる子供さんはいます。
でもそうしたお子さんは、どんな動物でも、虫でも、ハウスダストでも、食物でも、アレルギーになる可能性があります。
いまや、アレルギー体質のない子は、少ないようですから。
万が一にも、絶対に動物が原因でそうなって欲しくないなら、飼わないほうが良いでしょう。

もし飼われるようなら、一度トキソプラズマの抗体検査をお受けになると良いでしょう。
また、猫ちゃんたちも健康診断をしておき、治すべきことは治しておく。
そして、病気の持込をしないように、完全室内飼いで定期健診をするといった、人間と猫の健康を守ることに、気を使われると良いと思いますよ。

動物よくある相談 →http://www.vets.ne.jp/sitemap.html
妊娠と赤ちゃんと動物 →http://www.vets.ne.jp/faq/pc/baby001.html

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。