獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200710-103

安楽死について
投稿日 2007年10月15日(月)15時46分 投稿者 ちびりんず

私は安楽死の選択をしたことはありません。
どちらが良いとか悪いとかはケースバイケースだと思いますが、
私はどんなに苦しむ姿を見るのが辛くても、どれだけ治療費がかかっても、
一日でも長く一緒にいられるのなら、それ以上の幸せはないと思います。
どれだけのお金を払っても、一度失った命は二度と戻ってきません。
それなら最後の最後まで一緒に頑張って、可能な限り一緒に過ごしたい。
自分から終止符を打つなんて考えられません。

安楽死を選択した方々もやむない理由があって、悩み果てたあげくの結果だと思いますので、それを否定するつもりはありません。
安楽死の別れと闘病の末の別れ、どちらがマシかなんて分かりません。
どちらにせよ、別れはつらすぎるものですから。
どっちを選んでも、自分の選んだ結果で本当に良かったのか悩むと思います。
それでも、後悔の少しでも少ない方を、ペットや飼い主さんの苦しみが少しでも少ない方を選んでほしいと思います。
そしてその時に、安楽死はいつでも出来るけど、一度安楽死させてしまった子はもう二度と会えないということを再認識してみて下さい。
当たり前の事ですが、安楽死を考える時は、飼い主さんも尋常じゃなく精神的に追い詰められてる時だと思いますので。
結論を焦ることはないと思いますので、慎重に考えてご決断されますように。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。