獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200710-138

Re:引越しにあたってペットをどう輸送するか?
投稿日 2007年10月19日(金)18時36分 投稿者 りんママ

お返事がつきにくいようなので、猫さんの年齢がわかりませんが老齢や既往症がないということでしたら、車で10時間の移動より飛行機での3時間あまりの輸送時間の方がストレスが少ないように思います。

前もって掛かり付けの獣医さんに健康診断をして頂き心配であれば、軽い鎮痛剤などを処方して頂くこともできますよ。その際には、与える時間や食事などについても説明を受けておきましょう。

ただ、猫さんにとって輸送時だけがストレスとはいえません。
引っ越し前の準備段階から環境の変化は既に始まっていますので神経質な猫さんには、それなりにストレスに思っているかもしれません。
引っ越し後の新しい環境に慣れるまで飼い主さんがいてもストレスはあるでしょうから、新しい環境に慣れるかは猫さんのペースに遭わせてあげてくださいね。
引っ越し後しばらく部屋の隅から出てこなかったり食事をとらなかったというお話しも聞きます。

また、掛かり付けの病院も変わられることになりますから、ワクチン接種や病歴があればメモをしておかれることをお薦めします。

引っ越しの前後や移動中に迷子にさせてしまうケースもありますので油断は禁物です。
車であっても飛行機であっても移動中に脱走をされてしまいますと探し出すのは至難の業です。
首輪に名札の装着はもちろんですが、引っ越し前後の部屋の掃除の時の開閉や戸締まりには充分に気を付けて下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。