獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200911-36

Re2:Felv感染猫のことですが
投稿日 2009年11月24日(火)03時32分 投稿者 SAYAKA

こんなに詳しいお返事がいただけるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。残念ながら私の住んでいる県ではCTのある病院は無いようです。また、主治医の先生からFelvに感染しているから麻酔がかけられないので確認はできないとも言われました。Felvとリンパ腫とは分けて考えた方がよいとのことですが、現時点ではリンパ腫はコントロールできているようです。最近とった胸部X線でも縦隔の腫瘍はほとんどわからないくらい小さくなっていると言われました。全身のリンパの腫脹もみられていません。
Felvの持続感染によるリンパ腫の発症ということで主治医の先生から2種類のサプリメントやビタミン剤、胃薬を処方されていますが、リンパ腫の治療に必要なものだけに減らしてもらおうかと思います。実際猫にとっても私にとっても毎日何種類もの薬を服用することがかなりのストレスになっています。抗癌剤も今は2週間毎打っていますが、もう少し間隔を開けてもらってもいいのかもしれません。よく、主治医の先生と相談してみます。
自分の心にあまりにも余裕がなく、焦っていました。遠方の設備の整った病院で検査を受けさせてやることはできませんが、できるだけのことはしてやりたいと思っています。
右足の麻痺ですが、抗癌剤の副作用も考えられるのでしょうか?まだ、足の力はないようですが時々足の裏を床につけて歩いています。顔面麻痺はほんの少しですが良くなっているようにも思います。時々耳も動かします。昨日脱水気味ということで点滴をしました。
薬を減らすことは少し怖い気がしますが、いつも必ず1個は吐き出しているのでちゃんと飲めているかも疑問です。長くなって申し訳ありませんが、また教えていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。