獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200912-32

クッシング!?
投稿日 2009年12月16日(水)15時50分 投稿者 ちょくるはは

以前こちらに投稿させて貰ったものですが、また状況が変化したので改めてご相談させて頂きに来ました。
10歳、♂(今年9月去勢)、チワワですが、半年前の健康診断で肝機能数値(ALT,ALP)の上昇が見られ、肝臓の薬を2ヶ月飲ませたのですが効果がなく、大学病院にてエコー等を行なった所、胆嚢炎との診断で胆汁排泄を促す薬を2ヶ月程続けました。しかし値はどんどん上がるばかりで胆嚢粘液嚢腫の状態になっているだろうという事で手術を行なう事にしましたが、麻酔を掛けた時に片肺がつぶれている状態が起こり、中止となりました。しかし翌日には正常に戻り医師も首をひねるばかり。再トライするも同じ状況で(レントゲン異常なし、血液ガス異常なし、麻酔をかけた時だけ起こり、CTでしか状態が判明しなかった。)、何か他の原因を探るべくホルモン異常も考え、デキサメサゾン抑制試験をした所、陽性と判断されクッシングではないかと結論付けされました。しかし、T4やACTHは正常値で、多飲多尿は見られず、脱毛もありません。9月に撮ったエコーでは副腎も正常な大きさでした。去勢してから食欲旺盛になりカロリーオーバーで肥満にさせてしまったのですが、ややお腹が大きめなのと、ALPが8000代になっているのが気になる所ではあります。典型的な症状がなくてもクッシング症候群という事はあるのでしょうか?1ヶ月後に再検査をする予定ですが、本人が度重なる検査や入院で物凄くストレスを溜めているので、果たしてそうする事が正しいのか、本人に何の症状もないのに数値だけに踊らされて良いものか、大変迷っています!結果ありきで物事を考えればつじつまが合うように物事をもっていきがちですが、色々な異常結果や症状があって、様々な可能性を考えるのが本来だと思うので、納得出来る部分が少ないのです。色々なお考えがあると思うので、是非ご意見お聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。