獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200004-56

誰か良いアドバイスを
投稿日 2000年4月24日(月)02時01分 koba

私は去年から自分の両親と同居しています。今家にはパピヨンと雑種二匹がいます。雑種の1匹めは、パピヨンを飼って一ヶ月後に家に迷い込んできた子です。三ヶ月位の幼犬で、飼い主を探しましたが みつからずそのまま飼っています。その時両親は 「雑種なんて家の中で飼える犬ではない」と、反対しました。でも 子供の「私達が飼うんだから」という意見を通しました。ところが先週の日曜日、散歩の途中近所の公園でよその子供たちが洗濯ロープに繋がれた犬と遊んでいました。聞くと木に縛ってあって可愛そうなので、飼ってくれる人を探しているということです。飼ってくれる人が見つからなかったらどうするかと聞くと、皆家で犬を飼っているので飼えないから、また木に縛っておくといいます。かいてはなかなか見つからないと半ば思いました。3才位の成犬です。でもそのままにしておけば、近所の人が通報して保健所行きか、またどこかの公園に縛られると思い、「飼い主がみつかるまで、おばさんがあずかるから、がんばって探してね」ということになり、今家にいます。初めは他の二匹と相性が合わず 別々にいましたが ようやく三匹何とか遊んでいます。私も子供も情が移ってしまい。もうこのまま飼おうかと思い主人に相談したところ 二匹も三匹も一緒だということになりました。ところが 両親が二匹は我慢していたけど 三匹は我慢が出来ないというのです。でも私には 何が我慢できないのか、何度聞いてもどうにも理解が出来ないのです。両親とは性格が合わずもう半年位前から 食事も別だし 会話もほとんどありません。犬を飼うことであの人達に迷惑かけぬようにしているつもりです。私達は二階 あの人達は
一階というような住み方なので階段を下りないようにベビーフェンスをつけたり、散歩の行き帰りはマットを汚さぬように抱っこしたり それなりに気をつけてやってきたつもりです。でも 三匹目がダメな理由が、父はもうこれ以上家を汚されたくないらしいです。確かに二階は、新築なのに壁のクロスはカミカミしてあったり、フローリングワックスなんて 舐めたら困るのでしてません。でも 住んでいる子供や主人は何も気にしません。マンションに住んでたときからハムスターやウサギを飼っているので壁のはがれなんてしょっちゅぅでした。しかし 父は犬を室内で飼うこと自体が許せないのです。母の理由はもっとすごいです。近所の人に「新築なのによく犬なんて飼わせられるわね〜それも迷い犬や捨て犬なんか」くらいのことを言うおせっかいな人がいるらしく、血統書付なら三匹でもいいけど、雑種はダメだというのです。世間体を異常に気にする人なので、こういうことを言われるのは嫌らしいです。でも はっきり言って私の家族は家よりも、自分達が楽しければそれでいいという考え方で 両親は家が一番という考え方みたいです。こんなに性格が違うのになぜ一緒に住んでいるのか不思議ですよね。長男の嫁さんと内輪もめみたいのがあって、次女の旦那は一緒にすみたくはないというし 私達しかいなかったし、私は今まで社宅やマンションだったので、犬が飼えることしか頭になくて そくオッケイしてしまったのですが、まさか犬を飼うのを反対されるなんて、全然思いもしませんでした。子供の頃から私がどんなに犬が好きか知っていると思っていたので 了解を(犬を飼うことの)とるなんてこと思いもしませんでした。それも気に入らないらしいです。母は犬が苦手なのは知っていたけど、めんどうをみてくれといっているのでもないのに、
それでも 両親は捨ててこいと言います。もともと捨て犬なのだから 捨てるわけではなく元のところに返すことだと。私がどうしても捨てられないのなら、両親が捨ててくると。そんなことしたらもう絶対私も子供も話さなくなるといってもそれでも良いから捨ててくるといいます。本気です。もう怖くて家を空けられません。自分の家であって、他人の家のようです。私も子供も主人も、捨てることには反対です。専業主婦で三匹飼うのも苦になりません。子供もよくめんどうみてます。それでもダメなんでしょうか。雑種を家の中で飼うのは 恥ずかしいことなのでしょうか。捨ててくることの方が人間としてもっと恥ずかしい事ではないのでしょうか。世間がそんなに大切なのでしょうか。家族の絆が無くなってもいいくらい。何度聞いても答えは一緒です。もしかして 私のほうが間違っているのでしょうか。誰か勇気の出るアドバイスお願いします。ちなみにここの家を出るのは とても無理です。この家のローンと前のマンションの主人の会社の財形のローンを払っているので とても余裕がありません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。