獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200703-11

リーママさんへ
投稿日 2007年3月6日(火)01時37分 投稿者 パールちゃん

ぜったいに走らせちゃいけないとは誰も言えません。走らせていいかいけないかはリーママさんが決めなきゃいけないんです。
病院でなるべく避けたほうがいいと言われたのならそれが竜くんの体を守るためのことでしょう。ですが、したいことを我慢させてまで長生きさせるのが犬のための幸せなの?それはいつまでもいっしょにいたいと願う飼い主の幸せのためじゃないの?ともいえますよね。好きなことを思いきり楽しめるのならもしそれで命を縮めることになっても幸せだわという考え方もできます。犬は自分で「ボク、心臓が悪いから走っちゃいけないんだ」とはわかりませんから、飼い主が飼い主の責任において決めてあげなくちゃならないんです。なにはしていいか、なにはしないほうがいいか、コントロールしてあげられるのは飼い主だけなんですよね。
心臓のどこがどのように悪いのかによって違いますが心臓に問題を抱えている場合の一般的な注意は、興奮させない・激しい運動は避ける・暑すぎ寒すぎに気をつける・急に寒いところに出るなど温度変化は避ける・太らせない・油っこいものや塩辛いものは厳禁・水分を摂り過ぎないなど。適度な運動・適切な食餌・おだやかな生活、この3つが大切ですね。
竜くんがもしも発作を起こしたときの対処法を獣医さんから教えてもらっていますか? お薬は常備していますか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。