獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200106-52

環境や個々にあわせた幸せを
投稿日 2001年6月9日(土)01時58分 ともみ

>家猫か外猫か
私は経験がないので何ともいえませんが、野良だった子でも完全室内飼いにできるとは
聞きますし、確かに、室内飼いにするのいうのが主流になってきつつありますが、
色々な状況が許せば外飼いもしくは外出もありかな、とちょっと思っています。
病気の感染(よその子にうつしてしまうのも含む)、望まない妊娠、事故や虐待の回避、
よその家で迷惑をかけるのを防ぐ、などが室内飼いが推奨される主な理由だと思います。
あと、姿を見るだけでもイヤってほどの猫嫌いな人もいますし・・・

実は、うちの子は野良じゃなかったんですけど、外へ外出させています。
まったく日が当たらないところに住んでるので、日光浴のためでもあります。
(リードや抱っこで連れて行くのは、パニック起こすほど怖がってムリなんです。外出は自分から行くクセに)
ただ、今だけは新しく来た子のワクチンがすむまで外出お預けですけれど。

ただ、飼い主の責任として、やれるだけのことはしました。
ちょっと前にここに書き込んだこともあるので、簡単にしておきますが、
猫が入っちゃいそうな庭のあるお宅へご挨拶してこちらの連絡先をお伝えしたり、
お隣りさんの車がガレージにあるときは出さない、などの配慮はしています。
家でのトイレの回数や食事の量に変化がないかのチェックも欠かせません。
近所にどんな猫がいて、飼い猫なのか野良なのかを調べ、(
野良ちゃんがいたら、慣れさせてワクチンや手術してもいいと思ってました)
飼い主さんに挨拶がてらそれとなく予防接種や避妊・去勢の有無を聞いたり。

もちろん、ノミを拾ってくるのも誰かに移すのもイヤなので、予防もしっかりしています。
最初のうちは、コッソリ後をつけて、親バカながら何をしてるのかもチェックしました。

うちの場合、野良だと思ってた子も予防接種や手術をされてましたし、他のいろいろな条件も稀なケースだとは思いますが、
外に出すことが許される状況で、飼い主や猫ちゃんが望むのなら、なんて個人的な意見ですけれども、
「室内飼いが絶対」ということもないかなあ、とは思います。
ワクチンのない病気もありますが、かかりつけの先生の「感染しても発症するのを押さえたりすることはできるし、
ただただ長生きだけさせるよりは猫にとっての幸せを考えてもいいのでは」との意見もあり、
健康診断だけはしっかり受けて管理だけはしっかりする、という方針に決めました。

うちの子はもともとビクビクしすぎるところがありましたが、多少のことでは動じなくなりましたし、
物をくわえて運ぶ(なぜかできてませんでした)、とか上下関係とか、いろいろなことを教わっているみたいです。
そのせいか、新しい子にも最初はものすごい勢いで威嚇したりしてましたが、
人の皿に手を出さない、人の縄張りに入るときには挨拶する、など人間には行き届かないしつけまでかってくれてます。

近所の猫たちの間では、「ボス格以外(の縄張りの狭い猫)は自宅前で寝るべし」、という不文律でもあるのか、
天気のいい日にはそれぞれの家の前や塀の上に首輪をした猫たちがほぼ等間隔にひなたぼっこしているのはなかなか圧巻です。

周囲の人に迷惑をかけない前提の上で、popopさんとKIWIちゃんが一番幸せな方法を選んでいけばいいのではないでしょうか?
誰かの犠牲の上になりたっている幸せは、自分勝手なだけですから。


>ねこのおもちゃ
うちの子も、靴下大好きです。つめでゴムを引っ張り出すのがたまらなく楽しいらしいです。
穴の開いたのとかをおもちゃ用に与えてるんですけど、最近では、部屋の中に乾してる洗濯物から
靴下や下着を引っ張り出して自分で穴をあけたあげく、「これ、もうあたしにくれるんでしょ???o(^∇^)o ワクワク」
という目で見つめてきます!!(怒)

おもちゃを買うことあまりなくて、紙やビニール袋のほか、パンの袋を止める針金を
コーティングしたもの(あれ、なんて呼ぶんでしょう!?)などで狂喜乱舞してます。
チープなおもちゃ使ってるのってうちだけじゃなかったんですね(^-^)

>さくらさん
ケリケリ縫いぐるみ、見つかりましたか?
お魚の形をしてて、手作りのようでした。
もし、手芸とか嫌いでなければ、作れるんじゃないかなーって見てて思ったんですが、まだ実行してません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。