獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200106-53

室内飼い
投稿日 2001年6月9日(土)02時24分 たまほめ

猫の室内飼いですが、ヨーロッパ方面やアメリカ、フランスでは
猫はほとんど街にはいません。室内で飼うのがあたり前だから。
向こうは「飼った動物はキチンと人が管理するもの」という意識
があるので、しつけのできていない犬をノーリードにしないし、
猫も放し飼いにはしないようです。

日本では「自由」と「放任」が混ざっていると思います。
放し飼いは楽しいだろう・・今の日本、よほどの田舎でなければ、
車も多いし、感染症もあります。また、猫が嫌いなかたもいるで
しょう。庭先にお邪魔してトイレ・・なんてことも。貴重なマイホ
ームの庭先にう○ちされて喜ぶかたはいません。公園の砂場にして
いるかも。

残念ながら人の作り出した住みやすい外世界が、猫を昔のまま、
自由に幸せにできるかというと・・・疑問です。
「自由」にするほうがよほど危険にさらすのではないでしょうか。
危険のない田舎では、放し飼いにしたい気持ちもわかりますが・・。

つないで飼うというと、うちの近所に立派なチンチラなのに、
なぜか一戸建ての庭の塀につないで飼われている子がいました。
雨の日は猫の上に傘が・・。毛もボロでかわいそうでした。
犬でさえ庭につないで飼うのは虐待と言われる時代なのに・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。