獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200307-4

子猫が家にやってきた
投稿日 2003年7月2日(水)00時38分 たちうお

イヌBBSにも寄らせていただきました。
先日野良の子猫を保護しました。風邪がひどかったので即病院へ連れて行き、昨日退院して今家にいます。先住犬・桃は、以前の「子育て」の経験からか、早速子猫のおかんになってしまいました。
もうひとり、先住猫の小梅がおります。小梅はやはり私が拾ってきた子で、桃が「おかん」代わりとなって育てました。今でも桃を母のように慕っているようです。
そして、今度は自分が子猫を迎える立場に・・・。

昨日の今日ではまだわかりかねますが、やはり警戒している様子です。子猫のいる部屋には近づきませんし、子猫を触った手で近づくと嫌がります。こころなしか、ご機嫌ななめですね。。
 子猫が野良出身ということと、現在病気を治療中ということで、むやみに小梅に近づけることはしていません。
現在のところ、姉が引き取れればそうしたいということなので、生後2〜3ヶ月になるまでは家で面倒をみる予定ですが、小梅は受け入れてくれるでしょうか。
風邪が治ったら小梅とも徐々に慣らしていきたいのですが・・・。

ニャン複数飼いの方、新入りを迎える際の注意点などありましたら、アドバイスお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。