獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200603-42

耳カイセン
投稿日 2006年3月23日(木)18時54分 投稿者 にゃんにゃ

野良猫(推定1才メス)を我が家の家族にしました。耳のまわりを掻きむしっていたので避妊手術も兼ねて、お医者様に見ていただいたところ、耳カイセンとの事で注射と耳のお掃除、薬つけをしていただき、お医者様に「一回の治療じゃ治らないと思うよ」と言われ、その言葉どうり二日もたつとキレイにしていただいた耳の中がカスの様なもので黒くなっていました。一週間後、また注射と耳のお掃除、薬つけをしていただきましたが、また二日後はカスだらけ。その一週間後、耳掃除と薬つけをしていただいた時お医者さまに「三回治療したからもう大丈夫、卵があるといけないから三週間後にもう一回見せて」と言われましたが、次の日にはもうカスで耳の中が真っ黒だったんです。ネコも病院に行く事をイヤがりますし、一回お医者さまに見てもらえば費用が一万円前後かかるので、三週間後通院するまでの間、自分で耳掃除をしようと思い綿棒に油をつけて拭いてあげたのですが嫌がってなかなかやらせてくれません。無理に押さえてやったら痛そうな声を上げました。気のせいか耳の中の皮膚が赤くなっているように見えます。自分でお掃除は無理なのでしょうか?また、耳カイセンはなかなか治らないものなのでしょうか?よきアドバイスをお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。