獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-7

Re:父親猫の行動について
投稿日 2006年4月5日(水)12時56分 投稿者 猫舌

実際に見ていないし、猫によりけりだと思うので、あくまでも参考まで。。。

「私が見ている限りでは仔猫たちにグルーミングをしてあげたり
一緒に遊んであげたりしています」とありますから、きつく噛んでいたように見えて案外そ
れほどでもないのかもしれません。
子猫も2カ月くらいにもなるとどんどんヤンチャになり、好奇心もいっぱいになります。
動く物にじゃれつき噛みついたりもしますから、もしかしたら子猫のオイタが過ぎて、
父猫は大人猫としての教育的指導をしていたのかもしれません。
ただ、父猫がどれくらい大人になりきれているのかわからないので、それとなく注意は
しておいた方が良いのかもしれませんが・・・

余談かもしれませんが、
この頃の子猫の「噛みつき」をやめさせようとすると、人間だけだとなかなかうまくいきません。
色んな方法を試してみても効果が無く、結局猫のまねをして、子猫が悲鳴をあげるまで首筋
に噛み付いてやっと成功したという話も聞きます。ウチはそこまでしなくても噛み加減を
覚えてくれたので、口の中を毛だらけにしなくて良かったですが(笑
やはり猫のシツケは猫にしてもらうのが一番いいということです。

それよりも、
子猫がおっぱいを吸わなくなると、母猫の発情が始まることがあります。
メス猫が発情すればオス猫も発情しますから、そうなると子猫と親猫とが仲良しのままで
いられるかどうか分かりません。
親猫が本来の猫らしい性質を持っていれば、子猫を巣立ちさせようとして追い払うようにな
ります。
そろそろ親猫の去勢・不妊手術を考えられた方が良いのでは?と思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。