獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-202107-69

Re:糖尿病猫の食事について
投稿日 2013年3月6日(水)12時39分 投稿者 けりーずはうす

獣医師です。
糖尿病は、うまくコントロールできれば寿命まで全うすることも可能な疾患です。
今が踏ん張りどきですね。

さて、いわゆる「猫分け」と言われる食べ方をするのは、猫が小鳥やトカゲなどの小動物を餌にしていたことが理由ですね。
そういう食生活は、一朝一夕では思うように変えられないと思いますよ。
まずは、三食を目指してみましょうか。
ほぼ30分以内で食べきれる量だけを与え、残ったら食器ごと片付けます。
これの繰り返しで、三食を食べきれるようになったら、次は二食を目指します。
今食べなかったら、しばらく食べられない事が理解できるようになるまでに
どのくらいを要するかはその猫によりますから、焦らず、ゆっくりしましょう。

ただし、インスリン注射をしている場合に一番怖いのは、低血糖です。
BGと食事量、インスリン量を記録し主治医の先生とご相談の上、行って頂くことが大切です。
今すぐに食生活を変えなくても、6ヶ月あるいは一年後には目標を達成できてればいいな、でいいと思いますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。