獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200103-42

いろいろ返信
投稿日 2001年3月30日(金)09時51分 にゃおみ媛@2兎飼

>みつるさん(どうしても...)
みつるさん、うさちゃんの病気に加えて、かなり厳しい診断が下って、本当に大変ですね。
お世話だけでなく、精神的な負担もかなりなものだとお察しします。

私の友人のうさちゃんは、へレン・ケラーも真っ青になるほど、幾つもの大変な病気を抱えています。
実際、何度も「もう..」ってこともあったし、
獣医さんにも「いつまでもつか...」ということを言われたことさえある子です。
でも、病院を変えたりして、色んな方の意見を聞いたり、
アガリクスやヤマブシダケのような免疫力を高めると言われる健康食品なども使ってみて、
今日も、元気にご飯をたべてます。
決して、元気なうさちゃんと同じようにはいかないし、
その個自体も不自由な部分や、投薬といったストレスなんかも多少なりとあるだけど、
それでも精神的には元気で、とっても甘えん坊さんです。毛艶もピカピカなんです。

膿の処置については、体験者の方がいらっしゃいますし、
そういう方のHPを参考にしたり、びぎなぁさんが書いてらっしゃるみたいに、
他の獣医さんのご意見を伺ってみるのも良いかと思います。
「うさぎのちびたくん」
http://village.infoweb.ne.jp/~maoh/index.html
闘病記(膿をやっつけろ!)などがあって、とても参考になると思います。

うさちゃんも飼い主さんも、とても苦しんでいる状態で、積極的な治療をする・しないは、
結局は飼い主さんにゆだねられてしまいます。
その決断や、ケアなどは、本当につらいですよね。
でも、良く考えて判断されたことであれば、その子の事を一番良く分かってる飼い主さんが下した判断が
ベストの判断だと思いたいです。
獣医さんに、いきなり「さぁどうしますか!?」と迫られたりすると、
ただでさえパニック寸前なのに、本当に混乱してしまいますよね。

そう言う時は、獣医さんに、じっくり自分なりの意見を聞いたり、
1日猶予があるなら、こういうところで話しを伺ってみるのも良いかと思います。
闘病中は本当につらいものですから、利用できるところは全て利用させてもらって、
一人きりで頑張るって状況から抜け出せるようにしてくださいね。
影ながら応援しています。


>悠希さん(うさぎさん。)
ねばねばしたのに包まれたウンチは「ゼリーウンチ」と呼んでいて、
お腹の腸内細菌のバランスが、かなり壊れたときなどに見られるものと聞いたことがあります。

食事がすすんでいないようですし、低血糖状態になっていなければいいのですが...
びぎなぁさんが、使い易い強制給餌の道具を紹介してくださっていますし、
是非、トライしてみてください。
草食動物の場合は特に、食べつづけなければ行けませんし、1日2回だけでも、
しっかりと、無理やりにでも食べてもらってくださいね。

それから、盲腸糞があるなら、是非ほやほやのを食べさせてください。
割り箸でつまんで、口元にもっていったりすると、食べてくれますよ。
これには、本当に豊富な栄養素が詰まってて、これが食べれることが一番なんです。
もしも、たべないなら、それに変わるように、ビタミン群を処方してもらったり、
高カロリーな、強制給仕用の製品(OXBOWのクリティカルケアなど)を使ってみてくださいね。
この辺は、獣医さんに相談されるのがベストかもしれません。

ミントの葉、一瞬食らいついてきてくれたのに、食べるところまではいたらなかったんですね。(T_T)
他にも、青じそとか、チンゲン菜(なぜか具合が悪くてもこれなら食べてくれる子も多いようです)とか、
なるべく食べやすい形状にしたものを、いろいろあげてみてくださいね。
早く回復してくれることをお祈りします。


>ハナマツリさん(メスどうしなのに・・・)
メス同士でも、順位付けの為に「カクカク」しますよ。
噛むのは、本来は交尾時に、オスがメスの排卵を促すために噛むのだそうですが、
メスでも噛んじゃう子はいるみたいです。
でも、血が出ちゃうほどに毛をむしってしまうのは、痛々しいですね。

本来なら、サークルで区切ってあげるなどして、直接接触できないようにするのが
良いのかもしれませんが、そうすると、食欲がなくなってしまったりすのは困りますもんね...

加齢と共に落ち着いたり、はっきり順序が決まってしまえばなくなるのかもしれませんが、
確証はないですしね...すみません、良いアイディアが浮かばないです。
でも、仲良しな2匹なんだし、せめて怪我がない程度にとどめてくれたらいいですね...
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/gong/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。