獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200310-26

にゃおみ姫さま
投稿日 2003年9月4日(木)15時17分 ゆみめろ

お返事ありがとうございました。
「胃腸内容うっ滞−物言わぬ殺し屋−」参考になりました。
斜頚ではないのは思っていましたし、毛球症も結果だと思っていました。
2日に手術を行いました。手術で内容物を摘出する前に
肝臓の写真を撮って下さったのを見せていただきました。
表面が普通と違ってシワシワというかひび割れのような状態になっていました。
腫瘍とかはなかったそうです。
今後は投薬を続けていかなければならないみたいです。
お腹にたまったのと肝臓で転びそうになっていたのではとの事でした。
肝臓の病名がわからないのでこれから心配です。
でも1時間の大手術によく耐えてくれました。
昨日お見舞いに行ったら先生に点滴の管を噛み切ったと言われました・・・。
エリザベスカラー付けているのに・・・。
退院して早く元気になってくれるといのですが。
もし肝臓のことで何か教えていただけましたらお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。